黒猫のタンゴ
こどもとの生活や節約について徒然・・・・・していくブログ 3時のおやつが大好きなクマ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 page top








こどもの虫歯
保健センターが実施している3歳児検診で、歯科衛生士による歯磨き指導があります。
王子が検診に行った時のこと。
検診がすべて終了して、あとは歯磨き指導だけになりました。
30人くらいのお母さんがあつまったところでさっそく指導が始まります。

衛生士さんがいいます。

今回の検診では、残念ながら、虫歯がかなり進行したお友達がいました。
ポカリスウェットにはスティックシュガー数十本分の等分が入っていますので飲ませないでください。
おやつも、糖分のあまり入っていないものを与えてください。
できれば、おにぎりやパンなどを与えてください。


ここまでは、まぁ、普通のお話です。

しかし、この衛生士さん、びっくりするようなことを発言したのです。
歯磨きはとても大切です。
歯磨きを習慣付けてください。
でも、中には歯磨きの嫌いなお子さんもいます。

泣くからと言って歯磨きをしないというのはいけません。

押さえつけてでも、

ちゃんと歯磨きをしてください。



会場のママたちも唖然・・・


そのなかから1人のこどもが選ばれ、実演することになりました。
その検診で4本の虫歯が発見された男の子でした。
こどもは仰向けにされ、選ばれた子のママは心配そうに見守っています。
こどもは・・・・

泣きませんでした。

こわくて泣けなかったのでしょうね・・・・
こんな怖い衛生士さんに会ったのは、後にも先にもこの方オンリーでした。
王女のときは、こんなこと言われなかったし、この衛生士さんの姿はありませんでした。

・・・・・・・・・

この日以来、こどもを虫歯から守るために余念のない私です。
もちろん押さえつけて歯磨きしたことはないですけどね(^^;





そうそう!
↑にもありますが、虫歯って親から子へうつるんです!

パパやママが食べたお箸をつかってこどもに食べさせるってよくりますよね。

こどもが小さいときに、自分の食事から取り分けて食べさせる・・・
ちょうど1歳とか2歳くらいのこどもさんにしませんか?
パパやママに虫歯菌があった場合、お箸を経由して虫歯菌がこどもにうつってしまうんです

今やっている人は気をつけましょう。

スポンサーサイト

育児&幼児教育 TrackBack1 Comment0 page top











管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL

虫歯について
虫歯う蝕(うしょく、齲蝕とも表記する)は口腔内の細菌が糖質から作った酸により、歯が脱灰されることにより起こる歯の実質欠損。歯周疾患と並び、歯科の二大疾患の一つである。齲蝕になった歯をう歯(齲歯)といい、デンタルカリエスともいう。一般にはむし歯として知られ  [続きを読む]
歯・は・歯! 2007/02/09/Fri 12:40




Copyright © 黒猫のタンゴ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。