黒猫のタンゴ
こどもとの生活や節約について徒然・・・・・していくブログ 3時のおやつが大好きなクマ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 page top








出産費用【その2】
出産費用追記です。
モレがあったので・・・・スミマセヌ

二人目の時は一人目と違う産院を選びました。
診察料は前回の個人産院と同じだったのですが、施設はきれいだし
入院した時は紅茶やお菓子などのおやつが出ると評判だったので、そこに決めたのです。
物につられた・・・と言えばみも蓋ありませんが・・・その通りです。
ところが、ある日、おなかを壊してトイレと友達に・・・・
その時に羊膜が子宮からちょっとだけ剥がれてしまったようで
くしゃみをした途端するどい痛みが走り大出血
そのまま入院することに・・・・。

病院に運んでもらったけれど、その産院の対応はお粗末なもので、
流産をとめる処置は一切せず、つわりを和らげるためにブドウ糖の点滴のみという対応でした。
悲しいやら腹立たしいやら・・・・
やはり、物につられちゃいけないんだ。

どんなに待遇が良くてもしっかりした産院を選ばなくちゃいけないと痛感しました。
10日間、ブドウ糖の投与を受けた後退院し、すぐに大学病院を受診しようと思いましたが、残念ながら、周辺住民以外は、その大学病院は紹介状がなければ入院も受診もできません。
仕方なく県営の病院を受診することにしました。

ところがっ 県病院は診察費用が異常に高い。
個人産院よりず~っと高くエコー検査とおなかのハリを検査しただけで8000円も取られてしまったのです。
通常の検査では5000円近く取られました。
個人産院の倍の値段です。
何度、途中で、「産院変えようかな~」と思ったかわかりません。
でも、絶対に入院になると考えたので、結局そのまま県病院を利用することに。
出産費用は個人産院と同じくらいでした。

やっぱり一番安いのは大学病院でしたね。
あ、でも帝王切開だと保険が適用されるのでとっても安くですむんですよ!
スポンサーサイト

育児&幼児教育 TrackBack0 Comment0 page top











管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © 黒猫のタンゴ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。